新高和ソフトウェア株式会社

  1. Site Language
  2.  日本語 | 
  3.  中国語 | 
  4.  English
検索
体験版ダウンロード
デスクワーク業務における開発プロジェクトを特化した管理ツール:Promanaだからこそ、「工数メトルクス(計測)」と「品質メトリクス」の収集環境を少ない負担で確実に構築します。ダウンロードからご利用までの手順は別ページ表示しますので、よくお読みになりご利用ください。

プロジェクト管理について

Q:他のプロジェクト管理ツールとPromanaとの違いは何ですか?

A:一般的なプロジェクト管理ツールは、計画の立て方がトップダウン・ボトムアップなどやり方が決まっているものが多いと思います。しかしながら、現実的なプロジェクト管理はそれほど綺麗に進められるものではなく、プロジェクトの進み具合や内容に応じて計画の粒度は様々なものです。例えば、スケジュールや工数見積りについても、最初は大まかに始め、段階的に細かくしていくこともよくあると思います。
また、一般的なプロジェクト管理ツールは計画を重視しており、実績、特に毎日データを集める必要がある工数管理機能については使い勝手が悪いものも多いため、結局はプロジェクト管理ツールで計画し、Excelや他のツールで工数を集めているお客様も実際は多いようです。
また、計画と実績の違いから問題点を見える化し、改善するといった機能は大まかな単位、つまり管理視点であり、現場の日々の改善をサポートするという発想が少ないのが現状です。
Promanaは工数管理とプロジェクト管理を密接に融合させ、そして現実的な計画や管理の方法として、段階的な計画の詳細化、実績に基づく進捗管理や現場主体の見える化をサポートしています。仕事のやり方を極力変えずに、現場の実情にあわせて使えるようにExcelの帳票との連携機能もあります。 工数も精度良く簡単に集めつつ、「始められる」「続けられる」ための計画・進捗管理の機能が備わっていること、そして見える化から日々の改善活動や次のプロジェクトに向けた改善までを支援している点が大きな違いといえます。

↑ このページの先頭へ

Q:プロジェクト管理ツールとしてExcelを利用していますが、Promanaにするメリットは何ですか?

A:計画にExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?実際のところ、Excelは最も馴染みのあるツールの1つですし、手軽で使い勝手も良く、大変便利です。しかし、プロジェクト管理ツールとして作られているわけではないので苦手な部分も多くあります。例えば実績を集めたり、スケジュールを頻繁に変更したり、複数のプロジェクト横断での見える化、規模が大きくなると途端に困難な局面に直面することはお客様からよく伺う悩みです。組織的にプロジェクト管理を強化しよう、情報共有を進めよう、という場合に途端に挫折する事も多いでしょう。
Promanaは工数管理とプロジェクト管理を融合させ、Excelのような柔軟さと馴染みのある操作性を持ちながら、工数や進捗などの実績の収集、頻繁なスケジュール変更や複数プロジェクトのスケジュール・進捗・コストの見える化をサポートしています。当初より複数プロジェクトや組織全体での可視化・活用を前提にしていますから、500人以上の規模のプロジェクトや千人以上組織での運用も安心してお使いいただけます。

↑ このページの先頭へ

Q:複数のプロジェクト管理ができますか?

A:はい、できます。Promanaは当初より複数プロジェクトでの運用を前提に開発されており、プロジェクト横断でのスケジュール・進捗・工数・コストをガントチャートなどで確認する機能が標準で搭載されています。複数のプロジェクトの重要なマイルストーン(納期や正式な会議、顧客との大事なイベント)を一度に並べて遅れや問題が無いか確認することもできます。メンバは複数のプロジェクトを兼務することが多い実情から、工数入力も複数のプロジェクトから作業(タスク)を選び、簡単に入力することができるようになっています。

↑ このページの先頭へ

Q:ベースラインとは何ですか?

A:一般用語におけるベースラインとは、「基準となる線」を意味します。プロジェクトにおけるベースラインとは、プロジェクト決裁者及び顧客から承認された、成果物が満たすべき要件の一式、または、その実現のために策定される計画を指します。プロジェクトにおいては、要件や条件などが途中で変更することがよくあります。変更管理のためにも、最初にベースラインを定義し、そのベースラインからの差異を計っていくことで、効率的なモニタリング・コントロールが可能になります。
Promanaでは、ベースラインに基づいたプロジェクト管理を強力にサポートしています。

↑ このページの先頭へ

Q:プロジェクトの計画作成は簡単ですか?

A:Promanaではベースラインを活用したプロジェクトの計画が簡単に作成できます。ユーザーは、一からベースラインを定義することもできますが、すでに存在するベースラインを再利用すればさらに簡単に作成できます。

↑ このページの先頭へ

Q:アーンドバリューに対応していますか?

A:はい。Promanaには、現時点だけでなく、指定の日付にさかのぼり、工数をベースとした”アーンド・バリュー(EV: Earned Value)”と”残作業コスト予測(ETC: Estimate To Complete)”を再計算する機能が実装されています。
6つの特徴 6つの機能 よくある質問 体験版ダウンロード カタログダウンロード