新高和ソフトウェア株式会社

  1. Site Language
  2.  日本語 | 
  3.  中国語 | 
  4.  English
検索
体験版ダウンロード
デスクワーク業務における開発プロジェクトを特化した管理ツール:Promanaだからこそ、「工数メトルクス(計測)」と「品質メトリクス」の収集環境を少ない負担で確実に構築します。ダウンロードからご利用までの手順は別ページ表示しますので、よくお読みになりご利用ください。

Promana製品

業務立案

Promanaでプロジェクトを管理する最初の手順としてその業務を定義する必要があります。その定義手順を業務立案と言います。
Promanaでは、「開発プロジェクト」を「業務」として管理されます。管理する「業務」を登録するため、以下の7つの機能があります。

業務登録
業務登録

Promanaであるプロジェクト(業務)を管理するため、
「業務登録」でベースラインなど業務の基本情報を定義しておきます。

管理項目

業務を行う必要な「ベースライン」、「作業区分」、「成果物」、及び「開発機能」を定義して標準化を図ります。

管理項目を効率良く登録するため、「マスター設定」で新規登録はもちろん、既に登録したデータを参照して修正、再利用など「マスター読込み」のような便利の機能も用意しております。

管理項目

開発体制
開発体制

プロジェクトを参加する可能な人員を事前に登録しておき、具体的な業務に参加する人員は、「開発体制」からメンバーを選択して開発チームを構築します。そこでチームリーダや権限などの設定も可能です。

ベースライン日程

業務に登録された「ベースライン」の実施日など計画を定義します。

本機能には、業務参加メンバー以外の方も参照可能なガントチャート(エクセル・ファイル)をダウンロードすることができます。

ベースライン日程

工数/生産性計画
工数/生産性計画

業務の見積工数、成果物の計画などを定義しておきます。

品質計画

“管理項目”の各項目に対して、“品質計画”で品質基準判定数値を設定します。品質の基準値、警戒範囲値、及び限界範囲値などで品質管理を行います。

品質計画

アーント・バリュー
アーンド・バリュー

工事進行基準に対応する必要な工数やコストなどを「アーンド・バリュー」計算することで、「出来高実績値」、「コスト実績値」などによって、コストの透明化が実現できます。例えば、「残作業コスト予測」も可能です。

6つの特徴 6つの機能 よくある質問 体験版ダウンロード カタログダウンロード